0からのゲームプログラミング > プロジェクトの作成

Back Next

更新日 2003.08.13

プロジェクトの作成

 ところで、ここのホームページの文字が小さすぎたり、大きすぎる場合は、ブラウザのメニュー「表示」などから、文字のサイズを変更してくださいね。Internet Explorer を使っているなら、Ctrl + マウスの中ボタンぐりぐりでも変更できます。

 さて、プログラムする前に設定を変更してほしい部分があります。「スタート」メニューの「コントロール パネル」から「フォルダ オプション」を開いてみてください。OS(オペレーティング・システム)によって、若干位置が違っていたり表現が変わっている場合があります。フォルダ オプション の「表示」タブで、

◆「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。
 拡張子(説明は下)は、プログラマにとって、とくに意識する必要がありますので、これですぺてのファイルの拡張子を表示させる設定にします。

◆「アドレス バーにファイルのパス名を表示する」をチェック。
 ここは、好みでチェックを入れてください。パス名(例えば C:\Program Files\borland\bcc55 など)が表示され、コピー&ペーストできたりするので便利です。

◆「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェック。
 ここも、好みでチェックを入れてください。隠しファイルを表示させると、便利な場合があります。ただし、OSについて、あまりよくわかっていない場合は、既定の設定のままで構いません。

拡張子かくちょうし

 拡張子とは、ファイル名の後の .(ピリオド)から後の文字のことです。file1.txt なら拡張子は、txt で、file2.doc なら拡張子は、doc です。拡張子によって、txt ならテキストファイル、doc ならワード文書、というふうにどういうファイル形式か判別できます。

 それでは、最初のプロジェクトを作成してみましょう。

◆Micorsoft Visual C++ 6.0 での作成方法
 Visual C++ を起動します。ファイル(F) > 新規作成(N) を選択します。「Win32 Console Application」 を選択し、位置(C) には、デスクトップなど自分がわかる適当な場所を選択します。プロジェクト名(N) には、first と入力します。そして、「OK」 → 「終了」 → 「OK」ボタンを順に押します。
 次にもう一度、ファイル(F) > 新規作成(N) を選択します。「C++ ソース ファイル」 を選択し、ファイル名(N) に first と入力します。そして、「OK」 ボタンを押します。
 first は例であり、ほかの名前を付けても構いません。


◆BCC Developer での作成方法
 BCC Developer を起動します。ファイル(F) > 新規作成(N) を選択します。ディレクトリ名(D) には、デスクトップなど自分がわかる適当な場所を選択します。プロジェクト名(P) には、first と入力します。そして、「OK」 ボタンを押します。
 次にもう一度、ファイル(F) > 新規作成(N) を選択します。ファイル名(F) に first.cpp と入力します。そして、「OK」 ボタンを押します。
 first は例であり、ほかの名前を付けても構いません。


 できましたでしょうか。それでは、最初のプログラムコードを記述してみましょう。プログラムコードのことをソースプログラムソースコードとか、単にソースコードなどともよばれます。以下のように半角文字で記述してみてください。プログラムコードの詳細については、次回からやりますので、そのまま打ち込んでください。

プログラムコード

void main(void)
{
}

 それでは、コンパイル&実行してみましょう。

◆Micorsoft Visual C++ 6.0 では
 上のほうのツールバーに、「ビルド (F7)」 というボタンを探して、それを押します。「エラー 0、警告 0」と、下のほうに表示されれば成功です。そして、「プログラムの実行 (Ctrl+F5)」ボタンを押します。黒い画面(コマンド プロンプト)が出てくるはずです。

◆BCC Developer では
 上のほうのツールバーに、「メイク (Ctrl+F9)」 というボタンを探して、それを押します。error が出ずに、「Make End !!」と、下のほうに表示されれば成功です。そして、「実行 (F9)」ボタンを押します。黒い画面(コマンド プロンプト)が出てくるはずです。


 ここまでやって、「なんじゃこれは?」と思っていることでしょう。それは、仕方がありません。なんてったって、ほとんど何もソースを打ち込んでいないのですから。ここまでうまくいけば、プログラマとしての第一歩を踏み出せたことになります。最初の難関クリアってことですね。

 以下で、用語説明をしておきましょう。あまり深く考えずに、「まぁ、こんなものか」くらいのノリで構いません。そのうち、わかってきます。

◆コンパイル
 ソースプログラムオブジェクトプログラム機械語)に翻訳することです。ソースプログラムは、われわれ人間が理解することができ、機械語は、コンピュータが理解できます。中には機械語を理解できる、すごい人もいるようですが。

◆コンパイラ
 コンパイルする機能を持ったプログラムのこと。

◆ビルド(メイク)
「コンパイル + リンク」することです。リンクとは、オブジェクトプログラムをつなげて(link して)、実行可能ファイル(拡張子が exe のやつ)にすることです。開発環境によって、ビルドやメイクと呼び方が変わっているようです。

Back Next

0からのゲームプログラミング > プロジェクトの作成